保線車両(マルタイ)説明
マルチプルタイタンパー(Multiple Tie Tamper)、愛称MTTまたはマルタイと呼ばれる保線用機械の一種。自走できるが車籍を持たないため、作業を行う際は線路閉鎖が行われる。主にレールのゆがみを強制するために使用され、車両下にある機械(爪のような部品)で砂利を付き固め、枕木したに砕石を投入して本来の高さへと戻す。1時間に300〜500mの保線作業が可能である。主なメーカーはプラッサー&トイラー社、マチサ社、スペノ社などで、この写真に写っているマルタイ(MTT)はプラッサー&トイラー社製である。ちなみに現在愛媛県では白いマルタイを見ることができる。

マルタイで一番といっていいほど重要な"ツメ”の部分。
連結器付近 JRマークも入っている
オーストリアの会社「 Plasser&Theurer 」製作
夕方のマルタイ。